大阪市の本格黒糖わらび餅「isshin」

2017年4月17日

皆さんイカがお過ごしでしょうか?のぶです。

すまたんで紹介されてた「isshin」さんに行ってきました。
なんか評判良いわらび餅があるようです。

isshinの外観

isshinの外観
住所にも載ってるトチノビル1Fがisshinさん

isshinの店内

ここのお店はご主人一人で切り盛りしているので、タイミングが悪いと、待つことが多くなります。

座る席があるので、イートインも出来ます。しかし、席数は4人ぐらい。大半の方は持ち帰りになると思います。
イートインの希望をご主人に伝えると「イートイン出来ますが、お持ち帰りの方を優先させて頂くのはご了承ください」と言われた。
お店をご主人お一人で切り盛りしているので、持ち帰り客とイートインのお客が同時に声かけられるとイートイン客は後になってしまうと言うことだ。
お店に来て説明を求めるのはもちろん問題ないが、タイミングが悪いとスムーズに注文できない可能性はあるので注意

isshinでの注文手順

箱の大きさを決めよう
①わらび餅を入れる箱のサイズ
一番に小さい箱が200g(約12切れ)620円(税込)
個人的には2人前かな?と思うが、好きな人はぺろりと食べるかもしれない。
200g400g600gとサイズにも種類がある。値段ももちろん上がる
わらび餅の種類
②わらび餅のトッピングの味
ある意味ここが本番か?
・くるみ
・かかお
・深煎りきなこ
・ほうじ茶
・抹茶
・ニッキきな粉
・麦こがし
・ココナッツ8種類の味が楽しめる2種類頼む時は、2箱で400g食べることになると思われる。
イートインスペース
isshinのイートインスペース。カウンターにも椅子はあるが、レジ横なので忙しい時は食べにくいかもしれない。

わらび餅を食らう!

わらび餅にきな粉をまぶす
 注文を受けてから深入りきなこをまぶす店主
カウンターの隣で行ってくれるので、作業を見ることが出来る。目の前でわらび餅がまぶされる作業を見れるのは楽しい
isshinのロゴが光る
容れ物も非常にきれいな木箱?に入っている。
わらび餅を少しでも美味しく食べてもらうための演出だろうと思われる。
入れ物で食べ物の印象変わりますからねー。
先日京都のわらび餅も竹筒に入ってたし。
わらび餅がきな粉に埋もれて見れない
きなこがぎっしり敷き詰められてて、わらび餅が見えませんw
琥珀色のわらび餅美しい
黒糖の色だろうか?凄い黒糖の色がわらび餅を彩っています。きれいです。
先日の吉祥菓寮のわらび餅との差は、個人的にはあまり感じなかった。強いて言えば、黒糖と和三盆の味付けの差であり、好みで決めていいレベルだと思う
ただ、こちらは、8種類のトッピングがリピーターを呼び込む原動力になっていると思う。

isshinまとめ

10点満点 7点ですね。黒糖好きなら僕より評価高いかもしれない。
個人的にご主人とお話をする機会があり、色々とこちらの質問に非常に丁寧に答えてくれたのが凄く個人的に好印象だった
特にわらび餅へのこだわりが言葉の節々に感じられる。その話を聞くだけでもわらび餅スキーには好印象だろう。

ただ残念ながら、ここのわらび餅は黒糖なんだよなーw いやisshinのわらび餅は本当に美味しいですよ?w

isshinの場所

地下鉄堺筋本町から歩いて6分。オフィス街で静かな場所にあるので、知らないと通りすぎちゃうかもしれない。
わらび餅好きなら行く価値ありと思います。お勧めします!